露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜23:00

当主のたしなみ

  1. home>
  2. 当主のたしなみ>
  3. ミャンンマーにて

ミャンンマーにて

2020年03月11日

海外に行くにあたり2泊というのは最短かもしれません。
到着した日はホテルに着いてもう夜でしたから寝るだけ。
翌日は面接とランチ(昨日の投稿)をしました。

 

ランチの後は採用予定者とヤンゴン市内の観光です。
送り出し機関のかたがいうには、
お互いに意思を通わせるために必ずやっていることだそうです。
2つの寺院を巡り、お寺の成り立ちや歴史を教えてくれました。
彼女は事前に勉強をして丁寧に説明をしてくれたのです。
おもてなしを実感しました。

 

 

 

この後は市内観光にも付き合ってもらいました。

 

貧富の差が激しいミャンンマー。
アパートやその周りはすごい光景でした。
とはいえ生きるエネルギーというか、パワーを感じます。

 

 

夕方お別れをし、ホテルへ戻りひと仕事。
夕食をとった後はいつもの酒場放浪記といきたかったのですが、
ホテルの周りにあまりなく、
歩いて10分ほどのところにあるショッピングモールの1階にあるBARへ。

 

カウンターに座り、バーテンダー相手に飲んでいました。
こういうのが一番楽しい!

 

私のおごりでいっぱいどうですか?
と伝えたところ、車で帰るので結構ですということでした。
それであれば仕方ないですね。

 

1時間とちょっとを過ごしたでしょうか。
また歩いてホテルへ戻りました。

往復の道には怪しいお店がありましたが、暗闇でしたしさすがに異国ということもあり
勇気が出ませんでした・・・

 

 

 

飛行機内は往復とも満席。
これからもっと発展を続けるミャンマー。
優しくてひと懐っこい民族。
おもしろい国です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)