露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜23:00

当主のたしなみ

  1. home>
  2. 当主のたしなみ>
  3. 全日本こけしコンクール

全日本こけしコンクール

2019年05月3日

今年で61回目となる「全日本こけしコンクール」

私が子供の頃は徹夜で並んでいる人もいるくらいに盛況だった。
しかも開催期間は一週間。
連日混み合っていたのを覚えている。

 

現在は3日間の開催。
以前に比べればその規模は小さくなってきたが、
数年前からこけしブームが静かに始まっている。
若手のこけし工人が増えてきたこと、
外国人が弟子として入門してきたこと、
何より女性に人気が出てきたこと等理由は様々。
ともあれ人気が出るということはいいこと。

 

最近よく聞かれるのは、
「癒される」「木で作られていてあたたみがある」
ということ。

確かにそうだなと感じる。
表情も豊かだし、雛こけしのようなアイデア作もある。
形式に則るのもいいし、工夫を凝らして新しくチャレンジするのもいい。

 

今年の内閣総理大臣賞は山形県の肘折系のこけし。

外国人の作品もたくさんありました。
(一部気に入ったもの)

 

5月3日から5日までの3日間の開催。
行ってみて感じたことは、木に癒されたということ。
伝統文化に浸ってみるのもいいものだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)