露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜23:00

当主のたしなみ

  1. home>
  2. 当主のたしなみ>
  3. 最近読んだ本から

最近読んだ本から

2018年07月27日

先日ある会合である神社の禰宜のかたの話を聞くことができた。

 

イジメにあった幼少期、
立場がガラッと変わった高校時代の話。
そして自身の家柄から神職の仕事に着くまでの
それはそれは壮絶。
しかし将来を見据える心構えはしっかりしていた。

 

その方が本を出版されていたので、
会場でサイン入りを購入することにした。
その題名が面白くて一気に読んでしまう。

 

 

 

題名だけでも手にとってみたくなる本である。

 

しかしここに書かれているのは当たり前のことばかり。
暮らしの中でどのように神様と接することができるか。
神社との正しい付き合いかたなど、
言われてみれば当たり前だが、
知らずに過ごしてきた部分もありお恥ずかしいばかり。

 

当館には「湯神社」がある。
そういえばこの湯神社には、病を治してくれて「ありがとう」
という「気」がたくさんあると聞いたことがある。

 

苦しい時の神頼みではなく、
「ありがとう」や「決意」を表現するのが神社なのかもしれない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)